スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護サービスのリハビリについて(1)

母は要支援1のときからデイサービスに行かせてしまいましたが、「デイケア」に行くべきでした。
デイサービスとデイケア、うちのケアマネは「どっちもそう大して変わりませんよ~」と言ってました。
どう見るかによるでしょうが、私からすれば全然違いました。

細かい違いは、ネット検索していただくとすぐに出てきますが
私の不出来な脳みそのおおざっぱな理解は
デイケア=医療機関 デイサービス=福祉機関 が行うデイサービスという感じです。

デイケアはリハビリを行うデイサービスなのですが
デイサービスにも「リハビリ強化型デイサービス」というのがあってややこしい。

どちらもリハビリができ、食事が出て(半日単位で出ないところもあるが)、送迎があり、介護保険が使えて…
両方ともデイサービスという名前が付いていたり、実際その違いがとてもわかりづらいですが、見分ける重要ポイントがあります。

リハビリが理学療法士や作業療法士などにより行われているか?

「リハビリ強化型デイサービス」と銘打ってる中には
フロアに何台かのトレーニングマシンが設置してあって、介護士がそれをやらせてることも多いです。
その様子は簡素なスポーツジムのような感じ。
マシントレーニングは出来る人だけ、無理なく行う。なにより安全第一で、介護士さんの役目は見守りと介助
リハビリってそもそも理学療法士がやるものでしょ?と思っていた人にはチンプンカンプンです。

理学療法士によるリハビリがあると、デイサービス費用の一部が医療費控除の対象にもなります。
(介護士による形態の場合は、デイの費用は医療費控除の対象にはなりません)
デイサービスの費用は介護度が重くなるにつれ増えていく一方なので、医療費控除に使えるのはとてもありがたいです。

我が家のように身体の機能低下で介護サービスを受けたい場合は
「ここのリハビリは理学療法士さんがやってくれるんですか?」もしくは「医療費控除の対象になりますか?」という確認を必ずしてください。
介護士によるリハビリは、レクリエーションの一部だと思った方がいいです。

母が要介護1になってからは、訪問リハビリも利用しました。
これは理学療法士が家に来てくれて、自宅環境で生活するための機能訓練やアドバイスを行うものです。
みすぼらしい家に来られるのは躊躇しましたが それ以上に個別対応のありがたさを痛感しました。

週1の利用だったので、リハビリの効果はあまりなかったですが
この時期になると主治医もチラッと様子を見るだけで
「歩けない?まぁ頸椎の手術もしてるし、脳出血の既往歴もあるし、廃用性症候群(身体を動かさないことで機能が自然に衰えてしまうこと)だね」
で、決まった薬を処方するだけ。
20歩歩けたのが、10歩、5歩、1歩と徐々に少なくなっても
そもそもが20歩しか歩けなかったんだから同じ事、と診断されるんです。
でも家族からすれば20歩歩けるのと、1歩しか歩けないのでは、介護の方法が全然違う、重要な問題なんです。

どんどん歩行が悪化していく母。
トイレの往復なら一人で可能だったのに、転倒するので見守りが必要になり、それから支える介助が必要になり…
その悪化する状態を把握して、アドバイスしてくれる理学療法士さんがいたことは、とても心強かったし頼りになりました。
女性の理学療法士さんだったこともあり、私はあらゆることをたくさん相談し、アドバイスをもらい、勇気づけられました。
母も元気な彼女が大好きでした。

そういえば訪問リハビリをやりましょう!と提案して、良い理学療法士さんを紹介してくれたのはケアマネさんでした。
今さらだけど良いケアマネさんに当たったんだなと改めて思います。

スポンサーサイト

親孝行な娘

特養のスタッフから「娘さん(私)は、よくやってらっしゃいますね」と言われます。

週1で点滴に連れて行っている病院の看護師さんからも
「一生懸命な娘さんを見てると、元気な頃は素敵なお母さんだったのかなと思いますよ」と言われます。

いやいや、そんなことじゃないっす
在宅介護してあげられない、せめてもの罪滅ぼしっていう感じで・・・。

先日、面会のときに桜餅を買っていきました。母の好物です。

同じユニットのみなさんがいる前で食べさせるわけにもいきませんので
母の部屋へ連れて行って、そこで桜餅を出しました。

「あら!

桜餅を見て、しかめっ面をしていた母の表情が和らぎます。

「それ・・・わざわざ買ってきたの?」

ここに持ってくるものはみんな、わざわざ買ってきてますがなにか?
という心の声に蓋をして
「そうだよ。お母さんが好きだから買ってきたんだよ」と言いますと

「えー! 親孝行なんだねー

とお褒めの言葉をいただきました。

心身共にすり減らした在宅介護の日々が・・・桜餅以下だったことを知った瞬間。

sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2016/05 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:もんちゃん
お元気ですか?相変わらずのもんちゃんです。

sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。