スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根補修が終わった

前回書いたお風呂の屋根の補修が終わりました。

大工さん1名、助手くん1名で、半日の作業でした。

丸1日かかると思っていたので、お昼頃に母から「もう終わった」という電話がきたときビックリ!

どうやらトタンの状況が想像より良かったらしく
無理にはがさずに、トタンの上から板を貼ってしまったとのこと。
(予定ではトタンとその下の板をすべてはがすという話でした)

こちらも住み替えを考えている状況だし
雨漏りがしなければ、あとは少しでも安く上げたいのが本音だったので満足です。

もちろん修理代は見積りより安くなり45,000円でした。


まぁ、見た目はいかにも補修してますって感じだけど

それでもビニールシートを
土嚢とひもで固定してる状態よりは
見た目も耐久性もずっと良くなったのは確かです。


これでしばらくは春の強風にも、夏のゲリラ豪雨にも、秋の台風にも
おびえなくて済むわ。


・・・って、地震対策が残ってるけどな。

スポンサーサイト

屋根の修理

前回書いた玄関のカギが閉まらなくなった話・・・

本当は別なことを書こうとしてて、いつのまにか話が変わってしまったという

おばちゃんにはよくある現象です。


で、やっと本題を。


我が家のお風呂の屋根、トタンなんですね。
(これだけで家のボロさがわかる発言)

さらにこれが錆びちゃっててね。
(ボロさをさらに強調する発言)

そこに地震がきちゃったもんで
豪雨になるとどこからか雨漏りするようになっちゃって・・・

さすが、半壊は伊達じゃないっす!
(気の毒で同情しちゃう発言)


で、そこだけビニールシートをかけてたんですよ。


震災後、屋根にビニールシートをかけた家はたくさんあったんですが
さすがに1年も経つと修理を終えた家が増え

あら、あの家はまだ直さないのねっ

てな雰囲気が漂うわけです。

それだけじゃなく、この前のものすごい強風!
あれでついにビニールシートが飛んじゃって

そのビニールシートがさびたトタン屋根のひさし部分を引っ張って

ひさしの一部も一緒にはがれちゃったんです。


はがれたトタンが強風でバッタンバッタンと家の壁にあたる音を聞いてると

あばら家に住んでる感 がハンパないです。泣けてきます。


翌朝。

まだ時々強風が吹く中でハシゴを使ってブロック塀にのぼり
垂れ下がったトタンを切断しました。


ええ。あたし、アラフィフ女ですがなにか?


お風呂のひさし部分にポッカリ穴があいて・・・まぁ、青空がきれい!(泣

さすがにこれじゃ廃墟だ・・・もう直さなきゃダメだと切実に思いました。


実のところもう今の家に住むのはあきらめようと思っていて

代わりの住まいをいろいろと思案してる最中なんですが
この状況で今の家に修理代をかけるってあまりに切ない展開です。


そしたら叔父が助け船を出してくれて
知り合いの大工さんに簡単な修理だけしてくれるよう頼んでくれました。


さびたトタンをはがして、そこに簡単な板を張ってシリコンで防水し
その上にガルバリウムの波板を張るだけなんですが
これで2年ぐらいwは大丈夫だろうと。

見積りが6万円ってことだったのでお願いしました。も~仕方ないじゃん!!!



あ。でもこの修理代って、所得税の雑損控除になるんじゃ?と思って調べてみると

震災から1年以内に行った修理

という条件が。


ひええーーー!それって先月までじゃん!

弱り目に祟り目とはこういうことだな。


玄関のカギが閉まらない

実はうち 半壊認定 を受けております。

なのに今もってあまり補修していません。
ボロ家なのに瓦が一枚も落ちなかった!という奇跡に恵まれたせいもありますが・・・

あ。
今思い出した。

地震で玄関の引き戸がきちんと合わなくなっちゃって
そのせいでカギが閉まらないという事態になりました。


震災の夜は母と避難所に行ったんですが
(このお話はまた後で書きます~)


そのときに家のカギが閉まらなくて

「停電と余震が続く中、家を開けたまま行くか?それともこのボロ家にとどまるか?」
という究極の選択を迫られました。


無理にカギを締めたら、次の地震で今度は開かなくなる危険もあります。

お隣の家は地震の時に外出中で、戻ってきた奥さんが玄関を開けようとしたら、カギは開いてもドアが動かない!という状況に。
それでも何度か引っ張るうちに少しずつ動き、なんとか開閉ができるようになったそうです。

それで「また開かなくなったら困るから、ドアはきっちり閉めないわ!」とおっしゃる。


だったらうちも開けたまま避難所に行こうか・・・と思いつつ、脳裏に浮かんだこの言葉。


火事場泥棒


よく言うでしょ。「うちは盗られる物なんかないから!」って。

うちだって大したものはないけど
でも盗られたら超ムカつくし!痛手は大きいし!

地震の最中、母が身の危険も省みず、夢中で押さえたっていう液晶テレビを抱えて避難所には行けないしな~。
(どんだけテレビが大事な親子なんだよ!


ところがそういうケチ根性が火事場の馬鹿力を出すんですね。

一か八かもう1回!って足でガッと扉を押さえたら、カギが閉まりました。

それで安心して避難所に行くことに。


翌朝には家に帰ってきたんですが
ただそれ以後もうちの玄関のカギは、足で扉を押さえないと閉まらない状態に。

震災後のドタバタもあって、しばらくその状態で使っていたんですが、私は簡単に足で扉を押さえられるのに、うちの婆さま 母ができなくてね・・・。
「閉まらない!」って逆ギレする始末。


とうとう石原良純さんの教えどおりにタウンページを開いて
鍵屋さんを呼びました。

正直、玄関扉の交換になったら困るな~高いだろうな~とかなり不安だったんですけど
なんと工具で調節して、30分ちょっとですっきり直っちゃいました!

すごいよ。専門業者!

費用は1万弱だったかな?

一瞬、部品交換もなく30分弱の作業で高いような・・・って思ったけど
でもまぁ背に腹は代えられないって気分でお支払いしました。

sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

もんちゃん

Author:もんちゃん
お元気ですか?相変わらずのもんちゃんです。

sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。