スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風評被害

私の住む茨城県は原発事故が起こっている福島県の隣にあります。

なので放射能汚染の問題があり、ホウレンソウやパセリが出荷停止の措置が取られています。


あれは地震の3日後、確か3/14だったと思います。
友達からの情報でした。
近所の食料品店が青空市場をやっていて、野菜がたくさん売っていると。

大きなスーパーは閉店したまま、なんとか開けてるコンビニに並んで待って入店しても
そこに生鮮食料品なんかありませんでした。


今後のお米、お肉、野菜の確保に危機感を感じていた私は、職場の片付けもそこそこに、そこへ向かいました。
すると倒壊した店舗の前に開かれてる青空市場には
色とりどりの野菜やくだものが、種類豊富に並んでいました。


こんな大変なときなのに、品物を揃えて売ってくれてありがとう!
お店の人に大きな大きな感謝の気持ちが沸きました。


叔母宅の分まで野菜を買い込み、レジ精算の長い長い列に並びました。
カゴの中にはたくさんのホウレンソウが入っていました。

ゴマ和え、おひたし、お味噌汁…
地元のホウレンソウは、その後の我が家の食卓に喜びと元気を与えてくれました。


それからほんの数日。
茨城のホウレンソウは売ってはいけない、食べてはいけない物になりました。
なんともせつない、悲しい事態です。

出荷停止になっていない野菜まで”茨城産”というだけで売れ残っている。
水戸のスーパーだって売れ残ってるんだから、他県のスーパーならもっと残っているでしょう。



大粒でキラキラした茨城県産イチゴ(とちおとめ)が298円で売っていました。

イチゴが大好物の私は”紅ほっぺ”より”とちおとめ”の方が断然好きです。
酸味は感じるけど、イチゴらしい高い香りと甘みのバランスが抜群だから!

そんなおいしい大粒イチゴが、たったの298円なのにたくさん売れ残っているんです。

「わぁ、おいしそうだねぇ」とイチゴを見て叫んだおばあさん、でも買いませんでした。


私はおばあさんの目の前で、迷わずイチゴを2パック、カゴに入れました。
私が吸ってる空気の中で育ったイチゴだもの。


イチゴはとても甘くておいしかったです 本望じゃ!


スポンサーサイト
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2011/04 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:もんちゃん
お元気ですか?相変わらずのもんちゃんです。

sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。